©2017 Licensed by Business futures225.com

【4月結果】今注目すべきは、野党でなく政権与党内の動きかもしれません

May 7, 2018

 

 

 

(5/2発行ブログ)

 

今晩は!

 

本日は生憎の雨模様となった一日ですが、東京市場の方は僅かながら追い風が吹きつつあります。

 

まずは4月の振り返りから。

 

 

 

4月中旬に開かれた日米首脳会談までは史上初の米朝首脳会談の可能性すら危惧される向きが多かったですが、首脳会談の初日に「米朝の本気度」が示される報道があったことがPER13倍を再び取り返すきっかけとなりました。

 

 

その報道とは、すでに3月には米ポンペオCIA朝刊が極秘に訪朝しており、近く中国習近平国家主席も訪朝するとの内容。

米朝首脳会談が「実際に」開かれる見通しで、さらに会談の「そのあと」に向けて調整を進めているという点は多くの見識者の見方を覆すものであったと思います。

 

これにより日経平均は4/18を境に一気に盛り返し、件のPER13倍を超えてきました。

 

 

 

一連の不祥事による安倍政権の支持率低下で政権存続が危ぶまれる中

目の上のタンコブであった北朝鮮がその暴走を緩める可能性が現実味を帯びてきたことは、買いに走る理由として十分であったと思います。

 

さらに「拉致問題解決への圧力を行う」と(予想外に)米国側が表明したため、

頭越しに米朝首脳会談を勝手に決められて焦っていた日本政府としてもこの歴史的な会談に噛む糸口を見つけることが出来ました。

 

 

政権の支持率低下も喉元過ぎれば・・・である程度歯止めがかかり、

なんとか国会会期末の6/20まで逃げ切りたい政権側としては十分反転攻勢の可能性が見えてきています。

(特定秘密法や安保法案などで-10%ほど低下した政権支持率は休みを挟んですっかり元通り…は何度も繰り返されてきています)

 

 

 

そして4/24(火)にようやくPER13倍を回復。

前日の4/23ツイートで「与党内」の動きについて触れていましたが、

ほぼ時を同じくしてこのとき「民進+希望=国民民主党」の結成が報道されていました。

 

大塚・玉木両氏により発足した「民進+希望=国民民主党」は、

結局「衆参両院で野党第一党を確保する!」という大義名分すら霞み、衆参両院で野党第2党に転落する恐れすらある状態です。

 

前回の日記でも・・・

 

「「政権打倒」の看板掲げて野党を纏め上げる剛腕が居れば別ですが、O剛腕の弟子であり新剛腕候補であった小池氏も大コケし、(野党は)今度は10余りの勢力に分散して主導権争いをしようとしている模様」

 

と触れましたが、この新党は参院民進党の半数ほどが「新党に参加しない」とした上で「立憲民主党と組む」とされています。

 

 

 

理由はカンタン。

直近の地方選などの選挙結果を見ても、「野党連合推薦の候補」が「無党派層支持の強い立憲民主党に連敗」しているからです。

 

「安倍政権の退陣は近い」とする向きはどの報道でも統一見解と思いますが、

解散総選挙を行うことが出来るのは内閣総理大臣だけですから、

来年の参議院選を考慮してもGW明けに発足の新党「国民民主党」に参加したところで選挙には…となってしまいます。

(大体新党の賞味期限は1~2年ほどとされています。そういえば希望の党はじきにキレイさっぱり解党される予定となっています)

 

いずれにしても、野党内で主導権争いをしてくれるのならば相対的に政権与党の存続性は高まります。

 

国内で注意するべきは、野党でなくて与党内。

総理を支える麻生派・岸田派の動きに注目したいところです。

 

国内市場でも決算ピークを踏まえた想定為替レート見込み次第で、EPSの切り下がりを見込んだ売りが発生することも十分に考えられます。

日本企業全体の純利益が過去最高、5年で3倍になったとの本日朝刊一面記事ですが、問題はその先です。

 

この位置では買いを前提とした「待ち」が私のトレードですので、22,250円前後の急落かEPS動向を注視してエントリーしたいと思います。

 

 

以上が今週の裁量エントリー考察。

 

 

 

 

それでは弊社手法4月報告。

 

 

 

1.【日経225先物で「月間65万円】の安定収入を稼ぐ方法】

4月の手法結果・・・+1,240円

3月の手法結果・・・+1,605円

2月の手法結果・・・+505円

1月の手法結果・・・+915円

12月の手法結果・・・+935円

11月の手法結果・・・+875円

10月の手法結果・・・+360円

9月の手法結果・・・ +710円

8月の手法結果・・・ +870円

7月の手法結果・・・ +285円

6月の手法結果・・・ +725円

5月の手法結果・・・ +625円

4月の手法結果・・・ +370円

4月~2月結果・・・ +8,780円(月間+731円リターン)

 

 

2.【日経225先物で「月間26万円】の安定収入を稼ぐ方法】

4月の手法結果・・・+120円

3月の手法結果・・・+200円

2月の手法結果・・・+250円

1月の手法結果・・・+85円

12月の手法結果・・・+695円

11月の手法結果・・・+315円

10月の手法結果・・・+100円

9月の手法結果・・・ +225円

8月の手法結果・・・ +185円

7月の手法結果・・・ +200円

7月~2月結果・・・ +2,255円(月間251円リターン)

 

<4月総評>

新たに1手法を購入していただいたT様に置かれましては、わざわざ御礼のメールを2度もいただき誠にありがとうございます。

「かなりの手ごたえを感じております。何より、サラ場中に、気になってチャートをチェックしたりする必要がないところに、魅力を感じております。(抜粋)」とのご報告をいただき、私どもとしましても非常に嬉しく存じます。

 

お問い合わせいただいた「FOMCやECB、日銀会合などのスケジュール把握」や「実績から見たエントリー毎の利確撤退目安」「トレーリング目安」につきましてはご参考になれば幸いです。

 

2手法につきましては4月のエントリー機会が少なく利幅は伸びませんでしたが、+100円幅超のエントリーが発生した月となりました。

1・2手法ともに実績から判断してエントリーする手法ですので、5月以降のエントリーチャンスに期待しております。

 

当ブログを今回初めてご覧いただいた方に置かれましては、情報商材につきものの誇大文言や華美なHPなどは弊社としては全く望むものではありませんので、弊社オフィシャルHPをご覧の上でご一考頂ければと存じます。

日中は会議や営業などにより電話問い合わせに即応出来ないケースがあるため、メールでのお問い合わせや、簡単なお問い合わせは私のツイッターDMよりご相談下さいませ。

それではまた。

 

 

◆オフィシャルHP

https://www.businessfutures225.org

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square